九州・宮崎のぽんかん生産者。哲ちゃんの晴耕雨読(せいこううどく)〜矢野哲雄ブログ

2013年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

過去のブログ

最近のコメント

2013年3月アーカイブ

夢の自動バルブ

2013年3月10日 03:50 | コメント(0)

昨日は5月のような陽気でした。

宝財原の茶畑横の山桜も、もうすでに咲いています。

DSC03413.JPG

 

 

 

 

 

 

 

早生品種「さえみどり」の新芽もこの通り動きはじめています。

DSC03417.JPG 

 

 

 

 

 

 

春が足早に迫っています。

昨日、この新芽を霜から守る新兵器を設置しました。

  DSC03418.JPG                      

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                        DSC03419.JPG                                       

 

 

 

 

 

 

 

中央にあるのが電磁弁、奥が自動散水制御装置。

電気の来ていない畑で、乾電池で畑灌のバルブを制御します。

自宅と宝財原では、普段は宝財原のほうが夜温が高いのですが

たまに宝財原のほうが冷えていることがあります。

こういう時に霜にやられます。

今までの苦い経験から導入を決めました。

新兵器の導入で、夜の負担がずいぶん軽くなることでしょう。

夜温が2℃になると自動的に散水し夜が明けて5°Cになると

自動的に止まります。

 

ちなみに、これが散水の様子です。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   DSC03403.JPG                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

とある理由で(糖ある理由?)でダイエットに挑戦中です。

宣告(?)を受けてから約1ヵ月、現在約4k減量しています。

 

嫁さんの強力なバックアップ(強力な指導力)のおかげです。

 

今話題の「食べ順爆発ダイエット」+「玄米」がポイントです。

この方法のいい所は、決して「食べるな!」とは言っていないことです。

わたしのような者にとって「食べるな」と言われることは、何にもまして

最大のストレスです。

ただ食べる順番を守るだけ。これならできそう。

 

まず野菜から食べて、おかず、ごはんの順に食べる。

実際やってみると、ごはんに来たらすでにある程度

お腹いっぱいになっているので、ごはんはあまり食べられません。

このごはんが「玄米」だとさらに食べられません。

 

以前「玄米」に挑戦したことがあったけど、ポロポロしていてとても無理でした。

ところが「炊飯器」が進化し、ボタンひとつで「玄米」がおいしく炊けるようになりました。

適度な圧力で炊くため、結構やわらかい(白米ほどではないけど)。

肥満の原因は「早食い」。

つまり「よく噛まない」だから「満腹感」がない、と言われる

けれど「玄米」だと否応なく「よく噛む」ようになります。

 

そういった相乗効果が、あの4kです。

あの消えていた頬の輪郭もうっすら見えてきました。

長年引っ込めていた首も少し出てきました。

「治療」のこともあり、今回はまだまだ頑張ります。

 

昨夜、ある会の歓送迎会がありました。

会費3500円。

わたしはまず野菜をあれこれと選んで食べました。

さあこれから主食を食べるぞ、と眺めたら「ない」。

やはり社会に出ると生存競争は厳しい。

 

今までわたしが言っていた

「早えもん勝ちじゃぁ」の言葉を改めて飲み込みました。

「もとがとれん」

三月になりました。

2月逃げ月、あっという間でした。

春の幕開けを告げる、お茶の「春整枝」も昨日終わり

いよいよ「防霜」対策に骨の折れるシーズンの始まりです。

 

自宅周辺三納の茶園は、気象の変化が家でわかります。

家から離れた「宝財原」の茶園は、宝財原の気象が特殊なこともあり

3月は特に苦労します。

 

三納では冷えていないのに、宝財原のほうが冷えていることがあるからです。

三納では夜、風が吹くのは稀ですが、

宝財原は夜、風が吹いていることのほうが多いです。

しかし風が吹かないことがたまにあり、この時冷えて「霜」にやられます。

 

特に早生品種の「さえみどり」を収穫できるようになった昨今は

萌芽が早いこともあり3月初めから、油断なく防霜対策を考えねばなりません。

 

今から約50日間、夜が油断できない日が続きます。

全国のお茶農家さん、ほぼ同じような苦労をしているのではないでしょうか?

 

「人事を尽くして天命を待つ」

この言葉を何度も何度も心に言い聞かせ

「油断なき夜」を頑張ります。

 

 

 

九州・宮崎のぽんかん生産者。哲ちゃんの晴耕雨読(せいこううどく)〜矢野哲雄ブログ ホームへ

ご注文お問い合わせページの一番上へ