九州・宮崎のぽんかん生産者。哲ちゃんの晴耕雨読(せいこううどく)〜矢野哲雄ブログ

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

過去のブログ

最近のコメント

2011年1月アーカイブ

新燃岳が心配です

2011年1月31日 02:30 | コメント(0)

新燃岳の状況が心配です。

3時間前、30日23:50、高原町の3地区507世帯1134人に

避難勧告が出されたようです。

溶岩ドームが大きくなり、火砕流の危険が危ぶまれるようです。

あの普賢岳の再来には、決してなりませんように。

 

我が家にも、28日降灰がありました。

当日朝、宮崎市方面に行きましたが、佐土原付近が酷かったようです。

それに比べれば、うちは軽微で幸いでした。

わたしは、4年間鹿児島市に住んでいたこともあり

ある程度は、降灰に免疫をもっています。

生活上の免疫は持っていても、農作業の免疫はありません。

火山活動がこのまま続けば、風向き次第で、農作物に深刻な影響を与えます。

 

口蹄疫が収まったと思ったら、鳥インフルエンザ、新燃岳。

宮崎の苦難が続きます。

 

 

大学生の就職内定率が、12/1時点で過去最低の68.8%だという。

三人に一人が決まっていない状況のようである。

あるテレビの番組で、就職のミスマッチィングのことを言っていた。

大企業(1000人以上)の求人倍率は0.57。

一方、中小企業(1000人未満)の求人倍率は2.16。

一方で就職難、もう一方で採用難。

そんな中、とても耳の痛い、辛辣な記事が載っていた。

東経ニュース、「調査員の目」(週一回のコラム)。

 

 

親も親なら子も子 (2011/1/19)

「大学生の就職内定率が57.6%!! これは景気が悪いだけか、学生の質が悪いのか。

いや親も親なのだ。わが子は誰しもかわいい。しかし、どこの会社に就職したいのか、彼らが希望する会社は名の通った一流企業ばかり。5人に2人が就職できない。

当たり前だ。求人はちゃんとある。彼らが応募する会社は一流企業の中でも就職ランキング(かつてJALも)に名前が挙がるような企業ばかり。

お父さんもお母さんも考えてほしい。あなたのお子さんは一流大学のしかも有名大学に入ったのですか。

現在4年生の80%がごく普通の大学で、しかも大学名に地方が前に付く。特殊なスキルを学び資格を身につけている訳でもなく4年間遊んだだけの十把一絡げ、昔の学芸会で「そうしましょう、そうしましょう」のせりふしか与えられないような何のとりえもない学生を一流企業が採用するはずがないではないか。

古来「身の丈を知る」と言われてきた。自分の身の丈に合った中小企業に目を向けることだ。

中小企業の中にはJALのような今にも飛べなくなるような会社ではなく、優秀で夢と希望にあふれた会社はたくさんあるぞ。

自分の進む道はどんなに険しくても、自ら切り拓く。

これを忘れるな。親も親なら子も子だ。」

 

この宮崎では大企業は皆無。

宮崎の大企業は県庁。

西都市の大企業(?)は市役所。

わたしのような、一人の年間雇用もままならぬ自営業者は蟻も蟻。

しかし気持ちは、自分の道は自分で切り拓く、といつも自分に

言い聞かせている。

 

ここでは、中小企業も夢の夢。

自分でやるしかない。

働くということ

2011年1月21日 03:58 | コメント(0)

今朝の朝礼より

 

利益が出せない社員は去れ

東京経済

「あなたは会社にとって 必要な社員か 必要じゃない社員か?

 この基準は利益が出せる社員か 出せない社員か これではっきりしたであろう 高度成長期には年功序列で 役職にも付けたし 給与も確実に増えた これがバブル崩壊で消え去り さらに現在の世界不況の中で 完全に能力主義が定着した

 この利益が出せる社員とは自分の給料以上の経常利益を稼げる社員 

30万円の給与の社員は50万円以上の粗利益を稼ぐ人 これで会社にとってはトントンだ これ以下の利益しか叩き出せない社員は完全に会社のお荷物となる

 この不況下で揺るがぬ業績を上げている会社の社員は自分の給与の3倍以上の経常利益を稼ぎ出しているのだ 

自分の直接人件費も稼げない人は『人罪』と称す 

会社の足を引っ張る社員が増えてくると 会社は危うくなる

 腐ったリンゴを1個でもリンゴ箱に置くと 瞬く間に腐敗菌が増殖し 他のリンゴまでが腐る これと一緒だ 

常に必要な社員は利益が上げられる社員である」

 

 

わたしは中小企業の社長ではないけど、雇用するというのは上記のこと。

自営業は利益を出していかなければ、時機つぶれる。

稼ぎは自分で稼がなければいけない。

 

公務員はサービス業だから上記の議論はあてはまらない、というけど

給料をもらう以上、仕事というものは上記の感覚であってもらいたいと

思う。

 

自営業は、自由でよさそうだが、公務員の何倍も大変だと思うのは

わたしだけだろうか?

ツイッター始める

2011年1月17日 05:11 | コメント(0)

一昨日よりツイッターを始めました。

 

この53(もうすぐ54)のおっさんが、何でツイッター?

理系(鹿大理学部数学科卒)の私としては、頭で納得が

できないと(論理的に)行動できない面があります。

 

何でツイッターか?

 

第一は、このブログを多くの人にみてもらうため。

「みたよ」とか「おもしろい」とか言ってもらうと、また頑張ろう

と思い、このことこそブログを続ける原動力です。

「その輪を広げるツールがツイッター」であると師匠から

教えてもらい、始めた次第です。

 

第2は、ブログより、割と気楽にさらっと短い文章で書けること。

 

第3は、このブログとツイッターが連動すること

ブログからツイッターには飛ばないけれど、ツイッターからこのブログ

には簡単に飛ぶことができます。(師匠のおかげ)

 

最後、これが決めてかな(アルファックのCMみたいに)

 

パソコンでする。そもそも私の今の携帯ではできません。

一日一つぶやき。しかも早朝(人によっては深夜ともいう)。

そもそもこういう仕事(農業)をしている者にとって、パソコンの前に座るのは

仕事を始める前の、早朝だけですから。

 

・・・であるなら続けられるかも?

 

昨日、ポップステップの亜矢さんたちとポンカンジュース

搾りをしました。

 

1個のポンカンから採れる果汁はごくわずかです。

ですからかなり貴重な飲み物です。

 

DSC00903.JPG

 

 

 

 

 

 

 

「あんたの夢をかなえたろかい」

 

     「大ジョッキでポンカンジュースを思いっきり飲みてーぇ」

 

「あんたが自分で搾って飲みないよ」

 

やってみればその気持ち、十分わかります。

しかし、生産者だからこそできる、最高のぜいたくかもしれません。

6名+娘とその友達4名で、丸1日かけて100L搾りました。

半分は亜矢さんに「お疲れ酢ー」の原料にしてもらい

残りは、うちの「ポンカン丸搾り」の試作・研究にしようと

思っています。

 

DSC00905.JPG  

 

 

 

 

 

 

今日1日の搾りかすです。                            

昨日、NHKためしてガッテンで、深蒸し茶の健康効果

が紹介されました。

 

静岡県掛川市が、がんによる死亡率がずば抜けて低く

また、高齢者の医療費も全国平均より20%以上低い

ことに注目し、ここからその鍵がお茶にあることを、実験により

確かめてくれました。

 

その実験の結果、緑茶には、悪玉コレステロール値を低下させる

作用があり、さらにダイエット効果もあったとのこと。

そしてさらに、腸の善玉菌も増やし腸内環境も改善する効果

あったそうです。

 

番組の前半では「掛川の深蒸し茶」、とくに掛川が強調され

お茶生産者としては、だんだん不安になってきました。

あの立川志の輔師匠も「だんだんNHKとしては違う方向に・・・」

と突っ込みを入れ、さすがNHK。

 

掛川だけでなく他の産地にも「深蒸し茶」はあるということ

また、普通のお茶も「すり鉢茶」にすることで同等に効果がある

も紹介してくれました。

さすがNHKと言わざるを得ません。

 

矢野製茶ぽんかん事業部も、ぽんかんの時期が過ぎれば

本来の「矢野製茶」の仕事が多くなっていきますし

このブログの方もお茶に関することが多くなるかもしれません。

 

ホームページの中の「矢野製茶」のページも、もっと充実させることが

今年の宿題だとも思っています。

 

番組を見ている時、数名の人から電話がありました。

「NHKでお茶のことやってるけど、見てるや?」

「テレビを見てたら、やのさんのこと思い出して・・・」

たぶん、うちの追求している「深蒸し茶」が強調されたからだと

思っています。

 

わざわざ、電話をしてくれる気持ち、

とてもありがたいなぁ、と思いました。

 

 

 

今朝のわが社(?)の朝礼より(前出「経営はこころ」より)

 

老いても 前進 精神の若さだ

東京経済

ある作家は一年中 取材 テレビのインタビューで老人に会う機会が多いが そのたびに老いと年齢とは かかわりがないと痛感するという


「老人といっては 失礼だな と思う元気いっぱいの八十歳の人もいれば すでに五十代半ばで 私は老人でございますと無気力になっている人もいる」と違いの大きさに驚く


その差を「生活信条の差」と助言する 年齢に関係なく 精神が老化している人たち「してみたいのだけれども......」と漠然とした夢を持つものの 一向に実行しようとしない

そしていつも 「あの時にしておけばよかった」と過去を振り返っての後悔が多い


逆に 肉体は老いても 精神の若さのある人たちは 現在 何かをやっている人が多い 一日一日の積み重ねを大切にし 何十歳になっても いまだ目標を目指して前進している 至って健やかである


「人生が不安 寂しい むなしい」という者は いまを精いっぱい生きていないのだ
作家は「生きてきた証明をほんの少しでも 残したい それが人間の価値」と話している

 

 

考えてみれば、ブログも「生きてきた」ことを、きっちり保存し

て、「証明」するツールかもしれない。

「大西良雄のニュースの背後を読む」

週1回のコラムですが、タイムリーな政治・経済の

話を、特異な視点から、解かりやすく解説してくれています。

http://www.quon.asia/yomimono/business/oonishi/

 

1/6筆 「EV(電気自動車)とスマートフォンで注目される

日本の部品産業」

 

ー上部略ー

日本は、電子部品であれ自動車部品であれ、世界トップシェアを誇る部品・材料をたくさん抱える世界最強の部品王国です。
 
電気自動車や多機能端末の完成品メーカーの株価は動かずとも、世界の投資家は、日本には世界最強の部品メーカーが数多く存在することを良く知っています。
 
電気自動車の量産化が進み多機能携帯端末が急拡大すればするほど、日本の部品産業が栄えるということを彼らは良く知っているのです。

日本の部品産業を見る限り、日本も捨てたものではないと思い至ります。
 
完成品で韓国製に負けて意気消沈するぐらいなら、日本勢は、世界で最も優秀な日本の部品産業と組んで韓国勢がまねのできない高付加価値製品を作る努力をしたらいいのではないかと思わずにはいられません。
 
 
 
政治、経済に意気消沈している日本人。
なんとかならんもんか?
政治の強いリーダーシップを望むのは
私だけだろうか?

昨日は、一番下の娘の成人式でした。

小学校卒業の時埋めたタイムカプセルを開けました。

お父さん有志数名に手伝ってもらいました。

 

DSC00872.JPGDSC00875.JPG

 

 

 

 

 

 

 

8年前の時空に、しばしタイムスリップ。

 

DSC00882.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

その間私たちは、今年三納小学校を卒業する子どもたちの

ために、カプセル(土管)を埋め戻し。

6年担任の先生にも、要領を説明しておきました。

 

DSC00889.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 これが全員の集合写真です。

ちなみに、うちの娘は前列中央のピンクの着物です。

 

DSC00897.JPG

年末にかけて、免許証をなくしました。

 

いつも財布に入れているのだけれど、ない。

近頃は、金融機関の金の出し入れにも、免許証をつかうように

なって、どこで出したか覚えていない。

さらに財布の免許証を入れる所の底が破けていたので

どこで落としたか見当もつかない。

 

免許の再交付に行こうと

4日朝7:10、ダメもとで免許センターに電話。

OK。準備するものと「紛失届け」が必要と教えてもらい、さらに

「来る時は、誰かに乗せてもらって来てください」

と、とても親切かつ不機嫌に教えてもらいました。

 

今度は西都警察署に電話。

紛失届けは電話でもいいということで

今度はとても親切に対応していただきました。

 

持って行くものを準備し、さあ出発。

待てよ、どうして行くか。

しばし熟考のあと妙案ひらめき。

 

軽トラに自転車を載せ、イオンまで行き

そこから自転車で免許センターに行こう。

 

これなら、「何で来た?」と聞かれたら、自信をもって堂々と

「自転車で来ました」と答えられる。

よし!

 

その時、うちのが、「もういっぺん探してみたら」

というので、もう一度財布を出し探してみた。

固いカードのようなものはあるのだけれど

見つからない。

ん・・・、これは?

横からの入れ口、「あーーーーーーあった!」(誰がここから入れたの?)

「お騒がせして申し訳ありません」と、うちのに平謝りするのは

いつものこと。

 

早速、パオに春財布を買いに行きました。

 

内容に一部不適切な部分がありますが

実行はしていませんので、おめこぼしをお願いします。

 

 

 

あまりテレビを見ない私は、早朝(人によっては深夜ともいう)

Uチューブで、人気の番組を見ています。

 

コマーシャルもなく、前振りもないから、そのエッセンスだけを

見ることができます。

だから、自分では、とても効率のいい時間の使い方だと思っています。

 

そのおかげで、テレビは見なくても、時代には十分ついていってるし

話題にもついていけてるようです。

 

年末のレコード大賞から(Uチューブで)

「少女時代」と「AKB48」をじっくり見ることができました。(今は削除)

軍配は圧倒的に「少女時代」

(AKB48ファンの人にはごめんなさい)

 

歌、ダンスとも格段に洗練されていて、厳しい訓練のあとが

うかがえる。

「少女時代」(ネーミングをどうにかならないかとは思うけど)

「Gee」、いっぺんでファンになりました。

「Perfume」も当時すぐファンになりました。

 

だから、長続きはせず、また目新しい新人がでれば

すぐ乗り換えることでしょう。

 

ファンに申し訳ないので、正確な言葉に置き換えます。

 

わたしの「ファン」は「一時的なファン」 (不遜です)

 

今年もらった年賀状の中で、心に残ったもの。

 

『残したい宮崎べんの第一位は、「てげてげ」だそうです。

 「いいかげん」でなく、「無理せずほどほどに・・・」という意味で・・・

 安らぎや癒しを感じつつ

 本年も、健やかな一年となりますよう。』

 

先方の優しいこころ遣いが伝わってくるようです。

 

この「てげてげ」は宮崎人の県民性がよく表れている言葉だと思います。

「日向時間」という言葉があるくらい、のんびりでマイペースな宮崎人。

 

あの三遊亭歌之介師匠が言っていました。

人間、暑いと頭がボーっとするんです。

だから南に行けば行くほど、人間がボーっとなるんです。(笑い)

 

冗談のようで、当たっているかも。

極端な話、熱帯地方の島では、ガンガン仕事しろといっても無理。

暑いときは昼寝もせんといかんし・・・。

 

「てげてげ」を

マイナスに考えれば「いいかげん」

プラスに考えれば「無理せず、ほどほどに」

何事にもプラスに考えたい私としては

この、おおらかな宮崎の良さを

全国に発信(?)していきたいと思っています。

 

最後に、尊敬する師匠のことばより

 

楽屋で、80才のお婆さんと一時間一緒にいた事を忍耐力がある、と言われた際

「80のお婆さんと思うから辛いんです。

20の娘が4人集まっていると思えば

こんなに楽しい事はない」

 

プラス思考の極みです。

 

朝日を浴びる

2011年1月 2日 06:09 | コメント(0)

DSC00830.JPG2011年、初日の出、7:19分ごろ。

日の出スポット、宝財原茶園突端。

 

毎年ここで初日の出を拝み、祈ります。

 

別に初日の出でなくても、日常の日の出

朝日を浴びることは、いろんな効用があるようです。

 

「朝が遅い人に成功した人はいない」

と言われるように、朝の時間の使い方次第

長い人生の中では、大きな差がつくと思います。

 

朝日の効用を考えると

1 脳から出ているメラトニンという睡眠をつかさどるホルモンが

  セロトニンというホルモンに、速やかに置き換わり、その結果

  爽やかな目覚め起こり、知的能力・判断力がアップする。

2 朝日を浴びるために早起きをすることで、体内時計が整い

  体調がよくなり、食欲や睡眠リズムが整う

3 朝の空気は、一日のうちでマイナスイオンが一番含まれて

  いるので、気持ちが安定し、プラス思考が生まれやすい。

 

「早起きは三文の得」

早起きして朝日を浴びて、自然の力に助けられながら

今年も頑張ろうとおもいます。

 DSC00816.JPGのサムネール画像のサムネール画像DSC00824.JPGのサムネール画像                        

 

 

 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます。

 

きのう(31日)の朝の風景です。

朝、外に出て、三納の山なみを見たら、あまりの美しさに感激し

デジカメを持って山に向かいました。

 

宮崎で雪を見るのは、2~3年に1回で、12月に雪が降ったのは

記憶にありません。

 

宮崎人は、雪を見ると跳びあがって喜びます。

 

誰も足を踏み入れていない銀世界の中に入ると

すべての雑念が洗い流されるようです。

 

除夜の鐘で108つの煩悩は消され、きれいな心で新年を迎えます。

わたしは、きのうの朝の銀世界で、2010年の雑念を洗いながしました。

 

今、真っ白なこころで、新年の朝を迎えています。

 

今から、「レオ」を連れて

わが家の氏神さま、集落の水神様、隣の集落のお大師様

に、3社詣りに行ってきます。(まだ外は暗い6:05分)

 

 

                              

九州・宮崎のぽんかん生産者。哲ちゃんの晴耕雨読(せいこううどく)〜矢野哲雄ブログ ホームへ

ご注文お問い合わせページの一番上へ