九州・宮崎のぽんかん生産者。哲ちゃんの晴耕雨読(せいこううどく)〜矢野哲雄ブログ

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

過去のブログ

最近のコメント

2010年11月アーカイブ

 11月27日(昨日)現在のポンカン山の様子です。

かなり色づいてきましたが、4月・5月の天候不順

の影響で、色づきが少し遅れているようです。

一日でも長く木にならせて甘くしたい、という気持ち

と、お客さまのお歳暮に間に合わせなければ、という

気持ちで、毎年この時期葛藤の連続です。

 

もっともっと、色づいてくれ!

もっともっと、甘く・甘くなってくれ!

 

と、ポンカンの木に呼び掛けています。

 

DSC00757.JPG

 

DSC00764.JPGのサムネール画像DSC00767.JPGのサムネール画像DSC00770.JPGのサムネール画像 

 

 

 

 

DSC00768.JPGのサムネール画像 

 

DSC00772.JPGのサムネール画像

 きのう初めてのネットでの、お客さんがありました。

山口県のF様です。本当に感謝、感謝の記念すべきお客さまです。

 とにかく、私たちのように普通に農作業をする者にとっては、

ネットでやりとりするのは、不慣れの連続です。しかし、これからの

農業は、販売を他人まかせでは、立っていかないという信念のもとに、

54才にして、ネットという大きな壁に挑んでいます。

 幸いに、「宮崎県産業支援財団」の高峰さんから紹介していただいた

ホップステップアヤウェブの厚いサポートのおかげで、ど素人のわたしが

未知の世界に進んでいます。

 勉強しなくてはいけないことばかりで、これを悪戦苦闘というのでしょう。

来月の上旬には収穫が始まり、13日頃より発送予定です。

 いよいよ、ポンカンの季節がはじまりました。

皆様のご支援よろしくお願いいたします

 

韓国岳登山

2010年11月22日 20:20 | コメント(1)

 一日中、外は雨でした。

今日は本当に「晴耕雨読」です。

現代流に直せば「晴耕雨パソコン」でしょうか。

ブログに写真を挿入する方法を勉強していました。

さっそく本文に。

 

 きのう韓国岳登山に行ってきました。

宮崎寺田会(わたしが会長)という、製茶機械のユーザー

会の仲間7名で登りました。

 

 恥ずかしながら、韓国岳に登るのは初めてです。

五度目の挑戦で、やっと念願達成です。

 

 一度目は、小学校六年の修学旅行。雨で中止でした。

 二度目は、高校一年のキャンプ。この時も雨で中止。

 三度目は、上の娘が五才の時、西都茶業振興会で

登ったのですが、みんなどんどん登っていくのに、娘が

「よう登らん」と泣くので、入口でリタイヤ。

 四度目は、去年の今頃、やはり寺田会で計画したのですが

あの不幸な小学生の遭難事故で「高千穂の峰」に変更。

 そして今回やっと達成です。

 

 韓国岳山頂をめざして、それから大浪池に下り、東回りで池を半周し

大浪池登山口に下りるコースです。

 山頂から大浪池におりる道(木の階段)が急で、足がガクガクに

なりました。

 しかし、韓国岳から見下ろす霧島の大パノラマ、大浪池の雄大な湖面。

日常の雑念を忘れ、こころが洗われ、明日への活力が湧いてくるようです。

狭い山道をすれ違うのに、下る人が道を譲り、「こんにちは」「お疲れ」「すいません」

と言葉をかわす姿は、都会の雑踏と雲泥の差です。

 

 帰りに「白鳥温泉」に入り体を癒し、夜は西都の居酒屋で焼酎を酌み交わして

こころを癒し、充実した一日を過ごすことができました。

 

 登山はいいねぇ

 

 左の写真中央が、わたしです。

DSC00741.JPGのサムネール画像DSC00740.JPGのサムネール画像

関西放送、スーパーニュース「アンカー」。

水曜日のコメンテーターは、青山繁晴さんです。

「青山繁晴のニュースdeズバリ」。

 

民法二社の宮崎では、当然見ることはできません。

わたしは、これを「You Tube」で観ています。

 

今までずっと、必ず観ていたのですが

最近、すぐ削除されるようで、とても残念です。

地方の人にも、良質の番組が観れるように、

投稿者の方にも頑張っていただき

また、削除のほうも緩めていただきたい

と切望します。

 

今、久しぶりに観れたので、ちょっと一言。

17日のテーマは「尖閣ビデオ・APEC驚愕の事実」

尖閣問題、尖閣ビデオ問題に対する国の対応には、

国民は大きな不満をもってる、と思います。

細かなことは抜きにして、あの海上保安官の処分の件。

 

番組の中で言っている、そもそも、あのビデオは

 「見てはいけないもの」だったのか

 「見なくてはいけないもの」だったのか

良識ある人なら、あれは当然「見なくてはいけないもの」

だと思います。

それを投稿した保安官が処分されるようでは

日本の国が憂えます。

 

その流れ、わたしたちに見えないものを、青山さんが、解かりやすく

解説してくれています。

 

「青山繁晴のニュースdeズバリ」

ぜひチェックしてみて下さい。

 

 

 

 

清水ミチコ ライブ

2010年11月20日 05:25 | コメント(0)

 昨夜、清水ミチコの、「トーク&らいぶ」に行ってきました。

会場の、西都市市民会館は、超満員でした。

 

 文化も過疎地帯では、数少ない「文化」に接する機会を

逃してはいけません。昨日の昼、急きょ、行こうと思いまして

問い合わせしたところ、2席空いていたので、かろうじて

行くことができました。

 

 「さすがプロ」と思いました。

「これぞプロ」と言い換えたほうが、いいかもしれません。

 

自称「アメトーク大好き人間」として、「お笑い」系を研究している

者ではありますが、一言でいえば、芸に厚みがある

 

ピアノがうまい、歌がうまい。それをものまねでやる。

数えてはいないけど、50人以上のものまねを、やっていたような気がする。

これを、軽やかなトークを混ぜながら、観客を引き込む・。

 

ものまねじゃなく、自分の世界で歌ったら、どんだけうまいっちゃろかい

と思うことしきり。

中年のわたしには、山口百恵→南沙織→桜田淳子→天地真理→その他いろいろ

→浅田美代子のメドレー。

どれも似ていて、しかもうまい。そしておもしろい。

圧巻は、浅田美代子。

なんともいえぬ、音のはずしかた。芸の神髄をみたような気がする。

 

中年メドレー以外も、どれも素晴らしい。

言葉で再現できないので、ぜひ、清水ミチコが来たときは

ライブに行ってください。

 

2500円(わたしは当日券なので3000円)で、これだけ楽しめれば安過ぎです。

主催、西都市・西都市教育委員会のみなさま、

ありがとうございました

 

 

 

 

無謀なマラソン

2010年11月17日 03:34 | コメント(1)

 今日はじめてブログを書きます。

自称「自由人」、哲ちゃんが、田舎から、田舎人の目線で

田舎の言葉で、徒然なるままに、書こうと思います。

 あたかも、初心者が無謀にも、マラソンに挑戦し、スタートライン

に立った心境です。

 

 記念すべき初回は、時代の流れの速さに思うこと。

 

 

 54歳の私は、時代の流れにアップアップです。

子どもの頃には、ゲームとかなく、(自然の中の野性ゲーム=遊び)

大人になっても、任天堂などのゲームとか、したこと

もありません。というより、できません。

 柳沢慎吾の「いい大人の、モバゲー」のCMを見て

ゾクッときても、おれもやってみよう、とは全く思いません。

 

 パソコンが、わが家にきたのが、たしか平成12年頃だったと

思います。

挑戦し挫折、挑戦し挫折を、3回繰り返し、5年間の凍結期間を経て

ここ4~5年で、ぼちぼち解凍され、ぼちぼちとパソコンに対する

人見知りが薄れたような気がします。

 

 わたしのような「自由人」は、マイペースでいいけど

同世代の会社員は、おそらく10数年前、パソコンを習得するのに

ものすごく大きなストレスを抱えただろう、と推察し同情します。

 

 あの頃は大変でしたねぇ

 

それが、パソコン→携帯→インターネット→メール→ツイッター

人生、一生勉強というけれど、

50半ばでも、学生の時のように

   勉強せんといかんなぁ

  

 

 つづきは、こんどまた、気が向いた時・・・

 

  

宝財原の赤土

2010年11月 6日 15:29 | コメント(1)
宝財原の断層です。
赤土がとてもきれいです。

tsuchi.jpg

九州・宮崎のぽんかん生産者。哲ちゃんの晴耕雨読(せいこううどく)〜矢野哲雄ブログ ホームへ

ご注文お問い合わせページの一番上へ