九州・宮崎のぽんかん生産者。哲ちゃんの晴耕雨読(せいこううどく)〜矢野哲雄ブログ

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

過去のブログ

最近のコメント

今朝は初霜。
空は快晴。
2日頃からようやく寒くなり
色づきが少し進んだようです。

今年も、ももくりさん(http://momokurina.exblog.jp/)ちの、
じゅんこちゃんが写真を撮ってくれました。

彼女はハウスピーマン農家で、農家民泊もしています。
その温かい人柄に多くの人が集まり、
写真にも、温かさ・優しさが、にじんでいます。

それでは、色づきのちょっと進んだポンカンの様子を
ご覧ください。

IMG_5040.JPG

IMG_4889.JPG

IMG_4891.JPG

IMG_4951.JPG

IMG_4900.JPG

IMG_4968.JPG

IMG_4929.JPG

IMG_4959.JPG


IMG_4916.JPG


IMG_4964.JPG

来週から、ぼつぼつ収穫して、中頃から
少しづつでも注文分を発送していこうと
思っています。

12/1の山の様子です

2015年12月 2日 17:59 | コメント(0)
一年ぶりのご無沙汰です。

前年11/30の題名が「待っていた寒さ到来」です。
今年は待てども待てども、冬らしい寒さがやってきません。
そのせいもあり、色づきがかなり遅れています。

今日は何件も問い合わせがありました。
というのも、毎年お買い上げいただくお客様へのご案内を
「発送開始を15日頃から→18日頃から→20日頃から」
と変更・差し替えをしていたため
いつもより遅くなってしまいました。
申し訳ありませんんでした。
今日ご案内を、やっと郵送することができ、ひとまずほっとしています。

毎年のことながら、色づきをみての収穫は
綱渡りのようにハラハラドキドキです。

これからの天候にもよりますが、
私たちの苦しい心境をお察しくださると、助かります。

昨日の宝財原の、ぽんかんの様子です。
DSC07888.JPG

DSC07862.JPG

DSC07879.JPG

DSC07884.JPG

DSC07897.JPG
 
写真で見ると、色づいているようですが
まだまだです。

早く、オレンジ色になってくれ~!
と、叫びたくなります。

待っていた寒さ到来

2014年11月30日 15:21 | コメント(0)
今日の宮崎は雨。
この雨を境に明日からぐっと寒くなるみたいです。

この寒さを待っていました。
夜温が下がると、木全体の養分の果実への転流が進むからです。

今年は色づきが順調で、M玉傾向のようです。
このM玉もいつものジューシーさに加え
今年は酸抜けが進んでいて今でも甘くなっています。

玉数が多いと色づきが早く、数が少ないと色づきが遅いという傾向もあり
痛しかゆしです。
このことが「自然な色づき」にこだわる難しさでもあります。

来週冷え込みが続き天気もいいので、中ごろから収穫しよう
と思います。

IMG_4372.JPG





昨日、「ももくりさん」の、じゅんこちゃんが
収穫直前の、ぽんかん山を今年も撮影してくれました。
収穫前は、ぽんかんの赤い色が鮮やかで
一年で一番美しい時期です。
わたしが撮ると単調で動きがなくおもしろくありませんが
彼女が撮ると動きがでて、生き生きとしてくるから不思議です。

IMG_4201.JPG

IMG_4283.JPG

IMG_4337.JPG

IMG_4344.JPG

IMG_4363.JPG

IMG_4369.JPG

IMG_4419.JPG

まだまだたくさんあるのですが、多すぎて載せきれません。

本人は趣味だと言っていますが
腕はプロ級です。

ちなみに、
西都市観光協会の来年のカレンダーに
じゅんこちゃんの写真が選ばれています。
ぜひ見てください。









みやざき中央新聞、松田くるみさんの
「なぜ、宮崎のちいさな新聞が世界中で読まれているのか」
という本を今日一気に読みました。
みやざき中央新聞のことは
http://miya-chu.jp/
で詳しく見ていただくとして
購読者500人から「飛び込み営業」で
20年かけて一万数千人まで増やした、その軌跡が
描かれている本です。

わたしも10年来の「みやざき中央新聞」の読者です。
わたしの家にも、購読申し込み後のあいさつにずっと前に来られました。
その後も別件でお見えになり、ポンカン山に案内したこともあります。
その頃はまだまだ購読者は少なかったと思います。

その明るく包み込むような笑顔と語り口は、忘れられません。
どこに「飛び込み営業」を続けられるパワーが秘められて
いるのでしょう。

その飛び込み営業での、人との出会いやエピソードを今回はじめて詳しく
知ることができました。
ご主人の編集長が感動を与える新聞を作り
くるみさんが営業して購読者を増やす。
いくらいいものを作っても、売れなくては経営が成り立たないことは
私たち農業でも同じです。

軌道に乗り社員も増えたご様子。
更なる拡大を願わずにはいられません。

今の色づきは・・・

2014年11月15日 07:27 | コメント(0)
南国宮崎も秋から冬へと変わろうとしています。
昨日の朝は初霜でした。

家の周りではわかりませんが
三納の茶畑は真っ白でした。

しかし、このくらいの寒さでは、宝財原には霜は降りません。
ポンカンにとっては、寒くならないと色つきがすすみません。

さて、今がどのくらいの色づきかお伝えしようと思います。
DSC06315.JPG










DSC06317.JPG










DSC06319.JPG










DSC06323.JPG










まだもうちょっとという、ところです。
もうしばらくすると
この斜面が真っ赤に変わります。
もうしばらくお待ちください。

長く長くブログを休みました。
約1年が過ぎようとして、気がつけば目前に
ぽんかんの季節が始まろうとしています。

問い合わせもあり20日には準備を整え予約ができる
ようにするつもりです。
もうしばらくお待ちください。

一年の休養を経てブログの方も再開しようと思います。
残念ながら時々書いていた「愛犬レオ」はもういません。
春に天国に行ってしまいました。

いろんなことをふっ切ってまた頑張ろうと思います。

20140413DSC05635.JPG



うれしいお便り

2013年12月18日 06:42 | コメント(0)
こんな嬉しいお便りをいただきました。

「届きました。評判通りのおいしさですね。
家族みんなでいただいております。
早くも残り少ない状態で・・・ (笑)
また来年もよろしくお願いいたします。
         川崎市 T.H 様 」

ほぼ2日くらいの間に
残り少ないとは・・・
うれしいかぎりです。

電話・発送担当のうちのが言うのに
続けて4人のお客さんから、
「やのさんのポンカンは、心がこもってる」
と言われたそうです。

店から発送したのと
私たちのように生産者が発送するのでは
直の「思い」が違います。

DSC04146.JPG

DSC04147.JPG

ご本人様に送るときには
納品書と振込用紙
それと、うちのお茶も入れています。

日本全国、どこを探しても
ぽんかんの中お茶が入っているのは
うちだけだと思います。

「こころ」が届きファンが増えるのが
私たちの夢です。
やっと受けていた予約分の発送を終えました。
今年は裏年で量が少ないみたいなので
この予約分が確保できるか
とても心配しました。
夜も寝れないくらい・・・

うちのは
「そんなこと言ってガーガーいびきかいて
寝ていたじゃない」
というけれど・・・

それで早々にHPの方をクローズにして
もらいました。
やっと目処が立ったので今日にでも
オープンにしてもらおうと思います。
時間の問題で、またクローズにするかも
しれませんが・・・

このポンカンの出荷でいつも思うことですが
「12月初めまでに収穫が終わっていたらいいのに」
とか
「お歳暮の時期が1月ならいいのに」
色づきに合わせてての短期集中作業です。

しかし何といってもそれができるのは
作業に来てくれる人のおかげです。

DSC04143.JPG

DSC04139.JPG


おとといから収穫始めました。
忙しい中、ももくりさんち
の、じゅんこちゃんが
今年も写真を撮りに来てくれました。

彼女は写真も上手ですが
わたしにとって、ブログの先輩であり先生でもあります。
また幅広い人脈をお持ちです。
そのじゅんこちゃんの写真です。

収穫前の集合写真と打ち合わせです。
IMG_9707.JPG

IMG_9706.JPG

では、ちぎり方始めです。
IMG_9721.JPG

86歳のじいちゃんも元気です。
身が軽く、脚立の上も平気です。
IMG_9772.JPG

IMG_9779.JPG

こんな写真もあります。
IMG_9635.JPG

IMG_9652.JPG.


IMG_9663.JPG

最後に二人の写真。
IMG_9808.JPG

IMG_9797.JPG

今日撮ってもらった写真(その他多数)
いろいろな場面で使わせてもらいます。

午後からお客さま(農家民宿もしています)
という忙しい中
じゅんこちゃん、ありがとう。

九州・宮崎のぽんかん生産者。哲ちゃんの晴耕雨読(せいこううどく)〜矢野哲雄ブログ ホームへ

ご注文お問い合わせページの一番上へ